スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

コンソナがCRM新製品を販売――PeopleSoftユーザーの救済サービスも

【送料無料】【11/17~18限定特価】正規E-SKY新モデル/6ch/ラジコン 電動 ヘリBELT-CP フルセッ...
 コンソナ・ジャパンは11月12日、CRM製品の最新版「Onyx Adaptive CRM 6.0」を販売開始した。約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。

 新製品は「Total Customer Management(TCM)」というコンセプトに基づいて設計された。TCMは、顧客と接点を持つすべての組織、プロセス、テクノロジーを継続的に改善し続けるための手法を指す。ビジネス環境は常に変化するため、CRMシステムは「カスタマイズ機能、ほかのシステムとの連携、業務プロセスの迅速な対応が必要」と同社の代表取締役社長である羽二生謙氏は述べた。

 新製品のキーワードは「柔軟性」と「コラボレーション」だ。特に柔軟性を強化するために、現場のニーズに合わせて画面やルールを変更する「UCW(UIコンフィグレーションワークベンチ)」とデータベース構造を変更する「SQL-Gen(SQLジェネレーション)」という2つのフレームワークが新たに導入された。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
保険色々ランキング


 従来はカスタマイズにプログラミングが必要だったが、これらの機能によってノンコーディングで変更可能となった。同社のアプリケーションコンサルティングマネジャーである村岡聡氏はデモを交え「わずか5分程度でアプリケーションをビジネスに対応できるようになった」と語った。

 そのほか、案件が作成されたタイミングでシステムが内容を自動判別し、地域や業種などを基準に適切な担当者へ割り当てる「アサインメントスタジオ」や、ワークフローを管理する「Onyx プロセスマネジャー」、Microsoft Outlookと連携した「スケジュール管理」、権限や役割に応じてシステムを管理する「アクセスコントロール」といった新機能が追加された...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

緊急地震速報対応! 東芝 DynaBookSS 1600 10L/2(256MB)B5【中古パソコン】

スポンサーサイト

2007年11月16日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。