スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

社会を構成する「いい加減でひ弱な」人たちに、言っておきたいセリフ。

安倍晋三の力量
【PJ 2007年10月24日】- いやはや、ひ弱でいい加減な人間や、組織の多い世の中になったものだ。「政治とカネ」をめぐる疑惑の渦中で自殺した故松岡利勝氏(62/当時)。参院選のさなかバンソコウ姿で閣議に出席、ひんしゅくをかった赤城徳彦前農水相(48)。朝青龍問題などで指導力を問われている相撲協会の北の湖理事長(53)に高砂親方(51)。パチンコ店の20歳代の女性に交際メールを送り、事情聴取後、自殺した愛知県警の男性警部補(52)。全日空の飲酒内規を無視したボーイング767型のパイロット氏(37/当時)。情報公開などものかわ、省内の疑惑にに蓋をする厚労省や防衛省のキャリアたち。「廃鶏」を比内鶏と偽って行方不明になった藤原誠一という「誠の一かけらもない」食品会社の社長。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
安倍晋三色々ランキング
ボクシングの技術より、悪態をウリにした亀田史郎氏(41)と3人の「ひ弱な」ボクサー兄弟。世界的スポーツのボクシングを、商業主義で染めぬいたTBSやデイリースポーツなどのメディア。

 まだある。同じ厩舎の女性騎手に、「オレも裸、オマエも裸になれ」という名古屋競馬のセクハラ調教師(48)。破廉恥罪で逮捕歴を重ねる元大学教授植草一秀氏(46)と、詭弁をろうして同氏を擁護する人々。さほどの知見も常識もないまま、社会問題にも政治問題にも首を出すテレビのお笑い芸人たち。「長年の慣行で商品を再使用」と組織的偽装を続け、謝罪に忙しい老舗「赤福」の浜田典保社長(45)。防衛専門商社から、長年一家で接待を受けていたとされる防衛省の守屋武昌前次官(62)…...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

朝日キーワード就職(2009)

スポンサーサイト

2007年11月05日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。