スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

痛み専門外来「疼痛科」、設置拡大を要求=衛生部

ボディピアス ハーフフレア 00G(10mm) サージカルステンレス

新華社北京:国際疼痛学会(IASP)中国支局の主席、韓済生氏は19日、次のように述べた。「今後、疼痛科(ペインクリニック)は内科、外科、婦人科、小児科、麻酔科と同様、単独の診療科目となるだろう。つまり、痛み専門の診療が行われるようになり、痛み専門の手術室、病棟が作られ、慢性の痛みを持つ患者に対する専門治療が行われるようになる、ということだ」。
「北京青年報」の報道によれば、韓済生氏は中日友好病院全国痛み治療研究センターで行われたイベントで痛みの無料診断を行い、次のように話した。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
医療色々ランキング
「痛みを訴える患者に対する誤診、治療の遅れといった問題が多くみられる。こういった問題を解決するため、衛生部門は文書により、『医療機関診療科目目録』に『疼痛科』を追加するよう要求した」。衛生部は、中国内の「二級」以上にランクされる等級の病院に「疼痛科」を開設するよう求めているという。
現在のところ中国における疼痛科は、北京や上海など一部大都市の少数の病院に設置されるのみとなっている。
【翻訳編集:JCBB(K.K)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)

ボディピアス ダブルフレア 8G(3mm) サージカルステンレス

スポンサーサイト

2007年11月03日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。