スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

紅葉ドライブ 高速道路の事故ポイントはここだ!

【超お得◆送料無料1000円】贅沢なお水◎那須亀山天然水 亀天340サンヨンマル2本を送料無料で...
 各地の紅葉は今週末あたりが見ごろ。東北、信州方面へのドライブを計画している人も多いだろう。もみじを眺めながらの温泉なんて最高だが、事故ったらそれも台無し。こっちが安全運転を心がけていても、いつ巻き込まれるかわからない。高速道路の事故多発ポイントを調べた。●東北道(1)利根川橋付近 下りは橋を頭に渋滞が発生するが、橋を越えると流れ出す。橋から先は下りで右に大きくカーブ。渋滞のイライラから解放されてスピードを出す車が多い。(2)佐野SA付近 上りの佐野SA手前約500メートルの左カーブ(59~60キロポスト)。長い下りにもなっていて、ガードレールへの衝突事故多発。(3)宇都宮IC手前 日光方面に向かう車が「日光宇都宮道路」に入るため車線変更が多い。(4)那須塩原付近 那須の美しい風景が広がり、わき見運転、スピードオーバー。(5)白河付近 白河IC前後はきついカーブが多い。●関越道(6)鶴ケ島JCT付近 トイレ休憩のため高坂SAに向かう車がスピードを上げ、八王子で中央道とつながったため圏央道に入る車が車線変更。(7)藤岡JCT付近 上信越道、北関東道に入るジャンクションが続き、車線変更が多い。(8)赤城高原SA付近 下りの119~120キロポストは大きな右カーブ。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
那須塩原色々ランキング
ガードレールへの衝突、サービスエリアから出てきた車との接触。(9)関越トンネル手前 長い上りのうえ、トンネル入り口でさらにスピードダウン。追突注意。(10)土樽PA付近 秋の早霜によるスリップ事故多発。●上信越道(11)甘楽PA付近 きついカーブ、アップダウンが続く。(12)碓氷軽井沢IC付近 下りはインター手前の高岩山トンネルから左カーブ。100キロオーバーで曲がりきれない車が多い。(13)更埴JCT付近 下りは手前からいくつものトンネルが続く。長野道との合流も複雑で車線変更の車多数。●中央道(14)八王子JCT付近 圏央道からの合流は急な下りになっており、かなりのスピードで本線に飛び込んでくる。(15)小仏トンネル付近 上りはトンネルのすぐ先から急な下り坂、右カーブだ。(16)笹子トンネル付近 下りはトンネルの先から長い下り坂。上りはトンネル内渋滞。(17)長坂IC付近 上りは諏訪から続く長い下り。スピードが上がりがち。●長野道(18)塩尻北IC付近 平坦な道だが、この付近で大きくカーブする。≪自動車評論家米田俊氏≫「事故多発地点では車間距離を十分に取ること。距離が短いと、前の車に何かあったら慌ててブレーキを踏まなくてはなりませんが、余裕があればまずスピードを落とし、様子を見ることができます。もうひとつは走行車線を走ること。追い越し車線を猛スピードで走行していると、車群の中の1台が事故を起こすと巻き込まれる可能性が高い。走行車線は4台も5台も連なって走るということはめったにありません。車間距離も取りやすいはずです」【2007年10月30日掲載】

(引用 livedoorニュース)

【限定出荷 亀天米かめてんまい】【平成19年産◇新米3kg 玄米】栃木県北米 那須亀山産のひとつ...

スポンサーサイト

2007年11月03日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。