スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

「刑務作業でRuby」はどうなったのか――秋の夜の幻

 今年5月、当時開所前だった日本初のPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」の刑務作業として、ソフトウェア開発アウトソーシング業務が実施され、その開発言語はRubyが用いられるというニュースをお届けした。

 PFI(Private Finance Initiative)という聞き慣れない言葉は、民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる手法を意味している。つまりPFI刑務所とは、民間ノウハウを活用した刑務所のことである。

 当時、このソフトウェア開発関連の刑務作業案件を担当する企業であると称するプリズニーズからリリースが配信され、それを受けてITmediaを含む多くのメディアで「刑務作業でRuby」という見出しが躍った。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
美祢社会復帰促進センター色々ランキング


 しかし、美祢社会復帰促進センターおよび同所の整備・運営事業を落札した「美祢セコムグループ」が設立した特定目的会社である「社会復帰サポート美祢」は、プリズニーズがソフトウェア開発関連の刑務作業案件を受注した事実はないと当時、電話取材に対し答えていた。

 あれから半年、美祢社会復帰促進センターではRubyを用いたソフトウェア開発が行われているのだろうか。

 再度、社会復帰サポート美祢に電話取材を行ったところ、前回の回答と変わらず、プリズニーズがソフトウェア開発関連の刑務作業案件について、その担当企業となった事実はないとの回答だった。加えて、すでに開所はしているものの、現時点で刑務作業としてソフトウェア開発は行われていないという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

■■

スポンサーサイト

2007年10月19日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。