スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

【コラム】 民主党の目指す「日本」は自民党と何がどう違うの?

フロンティアワークス 「少年陰陽師」キャラクターソング 「風雅に響く詩を聴け」秋
9月25日に福田康夫新内閣が発足した。しかし、参議院の第一党が民主党である事実に変わりはなく、次の衆院選の結果次第では、政権交代の可能性も大いにある。

仮にもし、民主党が与党となった場合、民主党は日本をどんな国にしたいと考えているのだろうか? 政治評論家の有馬晴海氏に聞いてみた。

「安倍前政権が『美しい国』を標榜していたのに対し、民主党は『国民の生活が第一』というスローガンを掲げ、年金問題の解決や子育て支援、農業政策の充実など、格差解消をアピールしています。福田内閣が発足したとはいえ、自民党の市場主義的な路線が崩れるわけではありません。地域格差を解消するために大規模な公共事業を復活させたり、郵政民営化を止めるなんてことは不可能ですから」

一方、マンガ家の倉田真由美さんは、民主党の政策に期待しているひとりだ。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
安倍色々ランキング


「格差問題に関していえば、民主党の方が自民党よりも、弱者にやさしい政策を打ち出しているのかな、と。私のまわりにもワーキングプアの人たちがたくさんいます。自己責任論もあるでしょうけど、セーフティネットを設けることで、若い世代を守るのが、政治の役目だと思うんです」

ただし、民主党が本気で政権交代を目指すなら、民主党も立場的に“なんでも反対”とはいえなくなってくるはず。テロ特措法の延長反対も、党内で異論があったりするからだ。

「大衆に迎合するのではなく、国家を大局的に考えるのが、本来の政治の在り方です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

■送料無料■つんく♂ CD4枚組【つんく♂ベスト作品集(下)】07/12/5発売

スポンサーサイト

2007年10月16日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。