スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

日本の刑務所はパンク寸前 だけど民営刑務所は必要?

 今年5月、山口県美祢市に、全国初の“民営”刑務所「美祢社会復帰促進センター」が開所した。“民営”刑務所といっても、アメリカ型刑事施設の「民営化」とは異なり、PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)という、部分的な業務を民間企業に委託する、官民混合型の運営方式だ。PFIを導入した最大の目的は、現在、収容率115%という全国の刑務所の過密収容状態の緩和にある。独房に2人、あるいは6人部屋に8人が入れられているケースも珍しくなく、受刑者のストレスが高じ、ケンカなどのトラブルの要因にもなっている。とはいえ、国家予算だけでは早期の刑務所増設は難しい。そこで民間資金を活用しよう、ということなのである。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
美祢社会復帰促進センター色々ランキング


 美祢の刑務所の収容対象は、刑期8年未満の初犯者に限られているが、刑法犯総数における再犯者率は50%を超えるといわれている。元刑務官は、その理由についてこう語る。

「いま、受刑者は社会的弱者ばかり、高齢者、身体・知的障害者、外国人。本来ならば、市民社会が受け入れるべき人たちです」

 さらに、刑務所の過密状態をもたらしているのは、近年の“厳罰化”に最大の要因があるという。多くの刑事裁判を抱える弁護士のひとりは「以前ならば検察官が起訴しなかったようなケースでも、すぐに事件化するようになった。検察の“量刑相場”も確実に上がっている」と、語っている。その背景として“治安悪化”が指摘されるが、データ的に凶悪事件が増加しているという根拠はどこにもない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

■■

スポンサーサイト

2007年10月13日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。