スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

非正規雇用者の権利獲得に向けて、グッドウィルユニオン関西説明会開催

H16・エルグランド ハイウェイスター 30,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
【PJ 2007年10月01日】- グッドウィルユニオン(正式名称 派遣ユニオングッドウィル支部)の関西説明会が9月30日、大阪市中央区の「UNIONひごろ事務所」で行われた。これはコムスン問題発覚以後に問題が表面化した「データ装備費」と呼ばれる不当天引き訴訟の輪を関西にも広げていく取り組みの一環。

 データ装備費とは、グッドウィルのスタッフが日給の中から200円ずつ天引きされる費用で、報道などによればその費用は保険料等とスタッフ説明していたが元社員は利益として計上していたという証言が出たという。もちろん民法上の「不当利得」となる。

 会場にはグッドウィルの派遣スタッフだけでなく他社の派遣スタッフも含め20人ほどの参加者が集まった。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
保険色々ランキング
まず冒頭に梶谷大輔・委員長から3月にユニオン結成からデータ装備費返還訴訟までの経緯を説明。会社側は返す、返さないと返事を何度も変えた揚げ句、過去2年分のみを返すと言う返答になった。

 しかし、長い期間働いたスタッフは40万円にも達する者もいたため、8月23日、26人のスタッフが原告となり返還訴訟を起こした。今後、二次、三次の訴訟も起こす予定だという。その中でも他社の事例として、作装費、安全協力費、安全装備費等といった名前で不当天引きされている実態が紹介され、200円から500円程度引かれているという。ただ返還、もしくは返還予定で動いているという。

 そして関根秀一郎書記長は「この訴訟は単に金を取り戻すためでなく、ワーキングプアをなくすための戦いである」と説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

H16・VW ビートル プラス 30,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】

スポンサーサイト

2007年10月09日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。