スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

ソニー VS. SBI、ネット銀行秋の陣

 「ソニー銀行と一体化したサービスを提供していきたい」――ソニー銀行の石井茂社長は、100%子会社で10月1日から開業する「ソニーバンク証券」の方針を示した。

 ネット専業のソニーバンク証券は、ソニー銀行で口座を持つ顧客に限定し、サービスを提供していく。銀行と証券2つの口座を持つことで既存客の「資産運用に取り組んでいきたい」と石井社長は話す。ソニー銀行の口座数は、8月末時点で52万7126。このうちの何割が、ソニーバンク証券で口座を開くかが課題だ。石井社長は「ソニー銀行の顧客で証券口座を持つ人は約5割。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
住信sbiネット銀行色々ランキング
複数の口座を持つ人が多いため、3~4番目の口座をソニーバンク証券で開いてほしい」と述べた。

●踊り場を迎えるネット証券に参入する狙いは?

 ソニー銀行とソニーバンク証券は連携し、両口座間の入出金を無料で提供する。手数料は約定代金の0.105%(最低840円)で、キャンペーン期間中(10月15日~12月28日)は420円からとしている。

 ソニーバンク証券では、口座数や売買高などの目標数値を公表していない。既存のネット証券では、現在でも口座数は増えているものの、市場低迷の影響を受け、売買高は減少傾向にある。2008年度第1四半期の決算でも、大手ネット証券は減収減益で苦しんだ。市場低迷という外部環境と激しい手数料競争による収益の圧迫で「ネット証券は“踊り場”を迎えている」(業界関係者)という声もある。ネット証券各社では株式の売買手数料に依存したビジネスモデルの転換を進めていて、投資信託の販売などに力を入れている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

■■

スポンサーサイト

2007年10月02日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。