スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

郵便局会社 簡保販売で新人教育 学校開設、かんぽ生命と連携

どうなる「ゆうちょ銀行」「かんぽ生保」
 10月1日の郵政民営化で発足する窓口業務運営の「郵便局会社」は、簡易保険の販売を担当する新人の教育を行う社内学校を来年4月にも開設する。郵便局会社が運営を行い、生命保険事業を担う「かんぽ生命保険」が指導カリキュラムを提供。全国50カ所に開設する計画だ。

 簡易保険の7割以上を占める養老保険は、運用利回りの悪化や少子高齢化による市場の縮小を背景に販売の低迷が続いている。かんぽ生命は、民営化後も郵便局窓口を主要な販売チャンネルと位置付けており、連携を強め、販売のてこ入れを図る考えだ。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
かんぽ 保険 民営化色々ランキング


 社内学校の名称は「育成センター」(仮称)。研修期間は4カ月程度を予定しており、最初の3カ月間は各地の拠点で講習を行い、残りの1カ月間は郵便局で実地研修を行う。

 セミナーでは商品知識のほか、ビジネスマナー、実践的な販売手法など、簡易保険の販売に必要な知識とノウハウを幅広く教える。簡保の販売については、コンプライアンス(法令順守)体制の不備が厳しく指摘されており、新人の段階から法令順守の徹底を身に付けさせる狙いもある。

 かんぽ生命では、8月にプロジェクトチームを立ち上げ、現在は、カリキュラムの開発を進めている。開発には長年、郵便局で簡易保険の販売を担当し優秀な成績をあげた職員も参加している。

 日本郵政公社でも、2005年に「育成指導センター」を立ち上げ、簡易保険の販売担当者に対する指導を行ってきたが、今年8月に解散した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

どうなる「ゆうちょ銀行」「かんぽ生保」

スポンサーサイト

2007年09月29日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。