スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

体内インプラントRFIDチップに、発ガンの危険性

医療費控除対象品白十字サルバLLP 100枚入
Brandon Keim 2007年09月13日
Photo: Amal GraafstraAP通信によると、RFID(Radio Frequency IDentification:無線通信による識別技術)チップが動物に埋め込まれた場合、ガンの原因になるという。RFIDチップは非常に小さなコンピューターチップで、チップが埋め込まれた対象を追跡することができる。米食品医薬品局(FDA)が2005年に、RFIDチップを皮膚の下に入れても安全だとお墨付きを与えて以来、約2000人が自身の医療記録を記録したチップを埋め込んでいる。スペインのバルセロナにある会員制クラブの顧客のように、RFIDチップをクレジットカード代わりに使っている人もいる。しかし、FDAの認可よりはるか前の1996年、RFIDチップを埋め込まれたマウスの1~10%がガンになったという研究結果が示されていた。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
医療色々ランキング
AP通信の記事『チップを埋め込まれた動物がガンに』から引用する。これらの研究が考慮されたかどうかをFDAに尋ねたところ、『VeriChip』関連の書類は企業秘密が含まれているため開示できないとの回答だった。情報自由法に基づいて情報公開の請求を行なうと、VeriChipの承認審査を担当したAnthony Watson氏に電話取材できることになった。Watson氏はマイクロチップとガンの関連性が示された動物実験について、「審査の段階でそのようなものを目にした覚えはない」と説明した。さらに、文献調査では「懸念となる材料は見つからなかった」と話している。さらに興味深いのは、当時の米保健・福祉相Tommy Thompson氏が、政界を去った後、RFIDチップを製造する米VeriChip社とその親会社、米Applied Digital Solutions社の役員になったことだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

医療費控除対象品白十字サルバパンツ用しっかり吸収パッド昼用28枚入

スポンサーサイト

2007年09月25日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。