スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

「公務員体質」に「愚直」を望んでは駄目だったのだろう?

ポケバイ☆ATV四輪バギー・モデル☆TYPE2黒♪ 49cc PL保険対応 新品
【PJ 2007年09月20日】- 年金問題で、ますます露呈してくる「窓口」での着服行為。このことは、現在起こったことでなく、過去においてその行為が発生していたことである。つまりは、「つまみ食い自由」で「やり放題」が、国民年金の納付窓口であり、「市・町・村の各地方公共団体」「郵便局」「社会保険事務所」で「バレるのは先」だからとして行われていたということである。

 そして、その結果として時効などで、その追及もされないとなると一体どういうこと?の疑問と、過去および現在の「公務員」の資質ということを問題視せざるを得なくなる。

 公務員、つまりはお役人は「公僕」という言葉で代表される存在である。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
保険色々ランキング
上は、天皇陛下(職業としては疑問だが、国民の税金による収入があることには変わりない)から、身近な郵便局の配達員さん(10月1日からの民営化でその立場が変更されるが現在は国家公務員である)までさまざまな職種がそこには存在している。

 その職種は、多くが「国民の信頼」がなくては成立できないことであるはずだ。「疑う事」をしてはならないことばかりである。その「窓口」の職員の中に、このような「不心得者」の存在を許し、かばいあったり、依願退職等で、その犯罪への追及をいい加減にすることが許されてきたということは、その体質は現在もきっと変わっていないということであろう。

 国家公務員・地方公務員は、その職責による報酬の補償と、年金も「共済」という別枠で一般国民とは異なる扱いをされる存在である...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

ポケバイ☆三輪バギー・モデル☆TYPE1青白♪ 49cc PL保険対応 新品

スポンサーサイト

2007年09月24日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。