スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

国民年金未納:差し押さえ146人--06年度、社会保険事務局 /群馬

Evaluation(26)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000114-mailo-l10
 ◇預貯金、生命保険など
 国民年金の保険料を納めなかったために、06年度に預貯金や生命保険を差し押さえられた人が、県内で146人いることが、群馬社会保険事務局のまとめで28日、分かった。社会保険庁は03年度から悪質な未納者に対して、預貯金などの差し押さえをスタートさせたが、05年度の約4倍への急増は、この制度が定着したためと見られる。同局は「今後も対応を強化していく」としている。
 同局によると、対象は原則13カ月以上未納で所得条件を満たしている人。


最終催告状、督促状、差し押さえ予定通知が順次送られ、それでも納付に応じなかった場合に差し押さえに入る。差し押さえ額は1万4000円前後の保険料の未納月数分と延滞金。県内では03年度はゼロだったが、04年度5人、05年度37人と増加している。
 対象者の中には「将来年金をもらえるか分からない」「他にも未納の人がいる」などと訴える被保険者もいるという。
 今年度の差し押さえは今後本格化するが、年金記録漏れ問題による反発も予想されている。同局は「記録は確認すればきちんと対応している。納付は義務なので果たしてほしい」と話す。今後は車や不動産を差し押さえ対象とすることも検討している。【塩崎崇】

8月29日朝刊
新しい事業承継対策と実務手続

◆生命保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年08月29日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。