スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

旧東独国民車トラバント、製造再開も=ミニカーばか売れで計画浮上

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット
【フランクフルト12日AFP=時事】ドイツの玩具メーカー、ヘルパの広報担当は12日、旧東独の象徴だった国民車トラバントの製造再開計画を公表するとともに、製造を請け負うメーカーを探していることを明らかにした。≪写真はフランクフルト・モーターショーで展示されたヘルパ社考案の「新トラバント」の模型≫
 広報担当によると、ヘルパ社が販売しているトラバントのミニカーの売れ行きが好調で、ドイツで年間10万個が売れている。広報担当は「トラバントに対する愛着は極めて強い」と語り、自動車そのものの販売再開計画を立案したと説明した。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
自動車色々ランキング

 トラバントは1957年に誕生。旧東独ザクセン州ツビッカウのVEBザクセンリンク社で製造され、ベルリンの壁の崩壊を受けて91年に中止されるまで、300万台が製造された。旧東独市民の大半は、トラバント以外の自動車を買う金銭的余裕はなかった。ドイツ統一後は二束三文で処分されると思われたが、逆にコレクターの垂涎の的となった。
 ヘルパ社によると、トラバントの新モデルは元のデザインを忠実に再現する一方で、最新の技術を搭載する。同社は、VEB社が拠点を置いたザクセン州のメーカーに製造を請け負ってほしいと期待している。〔AFP=時事〕

(引用 livedoorニュース)

型式=FC3S/FZ3C 年式=S60.9~H3.10マツダ★RX-7ステアリングボス49

スポンサーサイト

2007年09月22日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。