スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

NASA、摂氏500度で1700時間以上動作するチップを開発

BOSCHボッシュ シルバーバッテリー S-6H
John Borland 2007年09月12日
米航空宇宙局(NASA)の研究者たちが、極度の高温条件下でこれまでよりも長時間の動作が可能だという新しいコンピューター・チップを作り上げた。新しいシリコンカーバイド製差動アンプICチップは、摂氏500度で1700時間以上動作する。性能的には従来のものと比べて100倍に向上したという。(これまでの高温対応チップは、過酷な温度条件下では一般に数時間しか動作できなかった。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
自動車色々ランキング
)このチップは、ジェットエンジンや自動車エンジンなどの内燃機関の内部、あるいは金星表面のロボット探査などにおいて利用できると期待されている。NASAプレスリリース
WIRED NEWS 原文(English)
「イオン風」でチップを冷却する新技術
「機器を持ち運びながらソーラー充電」できるバッグ
ノートPC市場に革命をもたらすか、OLPCの『XO』


(引用 livedoorニュース)

ACDelco デルコ国産車用バッテリー S80D26R

スポンサーサイト

2007年09月21日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。