スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

まじめに納めたのに、もらえる年金額は“生活保護手当”より少ない!

【激安!タイムセール】【送料無料】22インチ折りたたみ自転車【アイボリー】OF-22
【PJ 2007年09月10日】- “消えた年金記録問題”で、自分の年金記録が正しく記録されているか心配になったので社会保険庁に問い合わせた。幸い、記録はちゃんと残っていた。だが、支給される予定金額を見て、あ然としてしまった。

 筆者の場合、65才から“満額”支給ということだが、なんと月6万円に満たない。20才から、「きっちりと払っているにもかかわらず」である。女性は男性に比べていろいろな生活の変化が伴う。結婚により会社をやめる人もいるし、出産後、再就職する人もいる。男性は定年まで同じ会社に勤める人も少なくない。
script type="text/javascript" src="http://waku2news.com/ad/tool/info.php?id=p-torann&rid=1" charset="shift-jis">
主婦の底力ランキング
保険色々ランキング
当然、厚生年金に長く入っているほうが国民年金よりも年金額が多い。夫婦であればお互いの年金で、なんとかやっていけるかもしれない。だが、未婚や離婚により、単身で生活する人も増えていると聞く。

 では、生活に困窮したらどうすればよいのか? すぐ思いつくのは生活保護制度である。東京都と地方都市では金額の差があるが、例として高齢者単身世帯(68才)には月、8万820円の支給がされた、とある。これでもまじめに年金保険料を払ってきた、筆者より多い金額だ。また、17年度基準で支給された例として、単身世帯(31才)で合計13万7000円とある。(Wikipedia “生活保護”より)。

 これを見ても、まじめに年金保険料を納めてきても、記録が残っていても、とうてい衣食住に足る金額は支給されない。では、働いたらいいではないか? と言う人もいるかと思うが、正社員で募集がかかるのはせいぜい45才まで...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【出品駅伝09】

スポンサーサイト

2007年09月20日 保険関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

保険について考えるTOPに戻る


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。